伊丹市立伊丹特別支援学校のホームページへ、ようこそ!

   

664-0006  
兵庫県伊丹市鴻池1丁目8番6号  Tel 072-783-5436  Fax 072-783-5477      
 

トップページ

     そろそろ春の気配
 
 春は別れと出会いの季節といいます。新入生の体験入学を終え、児童生徒会の卒業生を送る会も終わりました。暖かい日があるかと思えば寒さが身にしみる日もあり、気温の変動が大きいからか体調を崩している人もいます。みんなの笑顔がそろう日が待ち遠しいです。
 
 
 
 
 
 
 

 

伊丹特別支援学校の日誌

できごと
12345
2017/02/23new

荻野小学校4年生が本校を訪問

| by 校長
本校児童が居住地交流をしている荻野小学校の4年生2クラスが、「いつも交流に来ているお友だちがふだん通っている学校を見学する」ために、歩いてきてくれました。



とても礼儀正しい4年生でした。いろいろな説明を静かに、メモを取りながら一生懸命聞いていました。



アクティブルームにある感覚運動遊具という、小学校にはあまりないような教具を見たり、



スクールバスのリフトが動く様子を見たりして、特別支援学校のいろいろなことを知ることができたと思います。



エレベーターも荻野小学校にあるものとは少し違いがありましたね。

最後の質問コーナーでもたくさんの人がきちんとしたことばで知りたいことをきくことができていました。

これをきっかけに、もっともっとお互いを知り、友情が深まればうれしいです。

20:23
2017/02/23new

卒業生を送る会

| by 校長
児童生徒会の環境保健委員会の司会で卒業生を送る会を行いました。



小学部、中学部、高等部の卒業生は11名です。
全校生が26名ですので、半分近くが卒業生です。



卒業生が入場した後、在校生の送ることば、卒業生のことば、卒業生へのプレゼントの贈呈などがありました。

卒業生全員が、4月からはそれぞれ成長が感じられ、じーんとしました。
もちろん、司会をしていた在校生も、送ることばを発表した在校生も、とてもしっかりとしていて感動です。



生徒同士のハイタッチなども見られ、とってもあったかい会になりました。



20:12
2017/02/21new

児童生徒会選挙

| by 校長
来年度の児童生徒会会長・副会長・書記を選ぶ立ち会い演説会と投票を行いました。

個人の演説と、クラスの応援演説をききました。


それぞれが工夫を凝らして、アピールしていました。
「学校を楽しくします」とか、「明るい学校にします」など、
子どもたちが考えたことを聞いていると、じーんとしてきました。

名前と写真のある投票用紙に、今回は信任投票でしたので、信任の場合は〇を書きます。



投票用紙を投票箱に入れます。



投票の結果、全員が信任され、新しい児童生徒会役員が決まりました。
皆さん、一緒に頑張りましょう。

13:20
2017/02/21new

ふれあい交流会

| by 校長
先週14日(火)に、
近隣の高等学校の生徒の皆さんが本校に来校して
交流する「ふれあい交流会」を行いました。

今年は、県立伊丹北高等学校の生徒8名が来てくださいました。

自己紹介では、自分の好きなことを教え合い、共通の趣味が見つかりました。

北高の生徒の皆さんが、いろんな効果音を交えながら、絵本を読んでくれました。
絵も、話の内容も、味のある本で、書画カメラを使って見せてくれました。
まるで、声優さんに読んでもらってるみたいで、迫力満点でした。



特別支援学校からは、パラリンピックの種目にもある「ボッチャ」を紹介し、2チームに分かれてゲームをしました。
なかなか、ドラマチックな展開で盛り上がりました。



最後は、本校生徒作詞・作曲の「心の中」を歌いました。
短い時間でしたが、お互いが理解を深め、楽しい交流ができました。
また、次回よろしくお願いします。

12:58
2017/02/04

学習発表会

| by 校長
立春というにふさわしい日、早朝よりたくさんの方々にお越しいただきました。


9時50分からの舞台発表は、会場いっぱいのお客様でした。



オープニングセレモニーでは、児童生徒会からの挨拶を会長と副会長が、堂々と立派に述べました。


小学部低学年「どんどんサーカス はじまるよ」では、それぞれの子どもたちが頑張って学習してきた体の動きや、歌やことばを披露してくれました。初めての学習発表会でしたがかなりの実力を発揮できました。



小学部高学年「むかしむかしあるところに…」では、それぞれ昔話の登場人物になって得意な動きや技などを披露しました。
みんなのよく知っている昔話なので、とてもいい笑顔で演技ができました。




中学部「僕らの修学旅行2016~初めての淡路島へ~」では、修学旅行の日程に沿いながら、学習で取り組んできたことを披露しました。それぞれの成長がとても感じられました。




高等部「心の中~夢に向かって笑顔で進もう~」では、習字やキーボード、小太鼓などの楽器演奏、からだの学習で取り組んでいる立位、オリジナルで作詞・作曲した「心の中」という曲の紹介など、充実していました。


閉会セレモニーでは、児童生徒会から副会長と書記が挨拶をしました。
笑顔や丁寧なことば、元気な声などそれぞれの持ち味を出して立派に挨拶ができました。



参観されたかたのアンケートを紹介します。
☆頑張っているみんなをほめてあげて欲しいと思いました。
☆一人一人が努力したんだなと感じられる舞台でした。
☆〇〇学部の〇〇さんは、去年より格段に上手になっていて感動しました。
☆皆さんとても良い笑顔して楽しまれていました。
(展示について)
※製作の技法のヒントを学ばせてもらいました。
※作品を作っている様子が映像で観ることができたので、みんなが頑張っている様子を見ることができ、うれしかったです。
※ブラックライトの展示がきれいでした。
※作品とともに制作中の写真も飾られていて面白かったです。

18:19
2017/02/03

いよいよ明日は学習発表会です

| by 校長
皆様に観ていただく作品展も整いました。
各学部毎に展示しています。







廊下にも、作品や行事の写真などを掲示しております。
どうぞご覧ください。





15:22
2017/02/01

学習発表会の予演会をしました

| by 校長
小学部から高等部までの全クラスが学習発表会当日と同じ流れで発表し、見合いました。
みんな、1月のはじめの頃に比べると、じょうずにできていて、とても良かったです。
練習の成果が現れていました。

また、他のクラスの発表を見るときも、じーっと見たり、歌に合わせて声を出したり体を動かしたりして楽しみながら鑑賞ができていました。


14:31
2017/01/19

わくわくオーケストラ教室に参加しました

| by 校長
中学部1年生4名と一緒に、県立芸術文化センターで行われた「わくわくオーケストラ教室」に参加しました。
本校以外にもいろいろな中学校や養護学校の生徒がたくさん来場していました。



いろいろな楽器の紹介や、聞きなじみのある曲をアンコール曲も含めて5曲聴きました。
曲が始まり、その調和のとれた美しい調べに鳥肌がたち、感動しました。

生徒たちは、終わりかな…と思ったら、パン!と大きな音がしてびっくりしたとか、一緒に歌ったり、手拍子で参加したりしたのが面白かったり、雷の音にはびっくりしたようでした。(前もって雷の音がするのは教えてもらっていて、苦手な生徒はそのときは外に出て避けました)

オーケストラの演奏を聴いた後は、昼食を取ってから、感想文を書いたり、経験を絵画表現したり、それぞれ必要なことをした後に学校へ帰りました。




行き帰りのスクールバスの中ではいろんな話が弾んでいました。
楽しい、貴重な経験ができた一日でした。


17:05
2017/01/17

震災避難訓練をしました

| by 教頭
1月17日(火)

  多くの尊い命がうばわれ、甚大な被害となった
 阪神・淡路大震災は今日、発生から22年となりました。
  本校では、震災の教訓を生かすとともに、
 慌てず速やかに避難し、自分の命を守るために、
 全校で震災避難訓練をしました。
 
  子どもたちは、先生の指示に従って、
 防災ずきんをかぶったり、
 膝掛けで頭部を守ったりして、落ち着いて
 グランドに避難することができました。

  ここ数日間、冷え込みが厳しかったこともあり、
 ホールに入ってから校長先生に講評をいただき
 ました。
 


   校長先生ははじめに、
  阪神・淡路大震災のことを話され、
  全員で、黙祷を捧げました。
   そして、今日の避難行動は、
  「お・は・し・も」
    おさない 
    はしらない
    しゃべらない
    もどらない
  の約束を守って、できましたね?と
  たずねられました。
  
  これからも訓練をとおして、
  安全に避難できるようにしていきましょうと、
  お話を終えられました。

  ********
 
  日本は地震の多い国です。
  日頃からの備えが大切と、改めて感じる機会となりました 
11:23
12345

新着情報